法事参加の方々に心を清め親鸞の前面に仏になられた亡き者を迎えて…。

コネのある住職が認識がない、自身の檀家の宗派が不明な方は、何よりもまず親類や祖父母に伺ってみましょう。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは前は古来神道用語で祭礼・儀典を行う場所を言いましたが、近代葬送では、変わって中心に葬儀式を行うことが可能な建物を言います。
元々近しい人の手で行うことがポピュラーだった通例だった遺品整理ですが、忙しかったり、遺品整理する場所が辺ぴだったり、近親者では行えないのが問題です。
これまでお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に家族代表の儀礼はありませんでしたが、近頃は通夜に参列者が増えており、口上を述べる人も増加したと言われています。
自分の葬儀や葬送の方法について生前から決めておく事を願い進める方結婚相手と相談したりエンディングノートに書き写す人も増えております。

リアルな通念がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という専門語ですが、集中して喪家や親族を核としたわずかな人での葬儀の言い方として使われています。
祖先に対してのお参りなので家族たちで遂行する事が、ベストですが、各々の事情で、実施できないケースには、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てるお参りに限定して、委託する事もあります。
火葬にあたる仕事をする人は昭和から宗教者が人々の中に入り道端に放置された遺体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、坊主と呼ばれたのだろう。
葬式と告別式とは本来別で仏教の儀式では初めに僧侶による読経などがなされて、そして告別式、主に喪主による故人とお別れする会が、実行されます。
法事参加の方々に心を清め親鸞の前面に仏になられた亡き者を迎えて、更に声をかけて、お勤めするものだと考えます。

自宅で身内だけの法事をされる時戒名ではなく亡くなった人の氏名のほうが心に残るのであればそれはそれとして問題ないのでは、無いのではないかと考えます。
仮に他人から聞いたような本に書いてあるかのようなここが良いとされる場所にしてもいつでもお参りできない、みたいな配置では、意味がないと考えらえます効果がないのです。
通夜を不都合なく行うためにはお客様と葬儀会社との連絡相談もコミュニケーションも大切になりますので、取るに足らないと思われることでも、遠慮なくお聞きください。
現代まで葬祭業界を中継ぎに僧侶と民衆はやっとのことで接点を持ってきたが、その仏事においても、仏教離脱が始まった。
先頃はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・告別式を実施しないダイレクトに火葬して納骨を施行する『直葬』を実施するご家族が増加しています。

世田谷区 葬儀社